ポートランド 「Fuji to Hood」 ビールフェス参加ツアー

オレゴンx日本コラボのクラフトビールフェス

クラフトビール好きのための大人気の祭典を堪能できる旅

アメリカのポートランドで開催されるクラフトビールのフェスティバル”Fuji to Hood”は、ポートランドと日本からそれぞれ25のビール醸造所、サイダー醸造所、蒸留所が参加、25組のオリジナルコンビを結成し、厳選された日本の食材を使用したオリジナルレシピでのコラボレーションにより生み出された、ここでしか味わえないビールを味わえる究極のビールの祭典です。現地ポートランドの空気を感じながらこのイベントに参加できる、ビール好きのためのとっておきのツアーをご用意しました!

70軒以上の醸造所がある街

クラフトビールの聖地!ブルワリーが多いポートランド

ポートランドには現在、70軒以上ものブルワリーがあります!たくさんの個性的なブルワリーが情熱を持って、自分たちが飲みたい!と言えるビールを毎日作り出している、ビール好きにとってまさに「天国」と呼べる環境。それぞれのブルワリーが敵対するのではなく、「お互いおいしいビールに関われて幸せだよね」という共存共栄の文化があると言われており、その文化を象徴する街で実施されるビールイベントが、この”Fuji to Hood”なのです。ビール好きなら一度は参加してみたいイベントです。

日本の富士山 x オレゴンのフッド山

日本とのつながりが深いFuji to Hood

Fuji to Hoodは2018年から開催されているイベントで、日本の富士山と「オレゴン富士」と呼ばれるフッド山がシンボルとなっています。ポートランドと東京で交互に開催されており、2018年はポートランド、2019年は東京、2022年はポートランド、2023年は東京で開催されました(※)。
年々ビール好きな人々の間で人気が高まりイベント自体のファンを増やしており、来年2024年、ポートランドでの開催は3回目となります。
※日本での開催時のイベント名は”Hood to Fuji”/2020年・2021年はパンデミックのため開催中止

ツアーのポイント

ツアー概要

■ツアー代金に含まれるもの

■ツアー代金に含まれないもの

スケジュール

Day 1 – 7月19日(金) 

羽田発【16:05】→シアトル着【09:30】へ

シアトル乗継

シアトル発【11:55】

ポートランド着【13:59】

Day 2 – 7月20日(土) 

■Fuji to Hood イベント参加

ガイドさんの案内でイベント会場へ移動【09:00】

【終日】イベント満喫

Day 3 – 7月21日(日) 
【終日】フリータイム
Day 4 – 7月22日(月) 

【終日】フリータイム

■オプショナルツアー/レッドさんと巡るブリュワリーツアー(33,000円)

・様々なビールスタイルの試飲

・ブルワリー(醸造所)内のアクセス&見学

・地元ブルワー職人との対話

・日本語によるポートランドのビールシーンの深い説明・解説あり

☆ビアガイド Red Gillen (レッド・ギレン)さん紹介

オレゴン州ポートランド在住。オレゴン、ポートランドのビールカルチャーを紹介する「オ州酒ブログ」のファウンダー。8年間日本に滞在した経験があり、今でもよく日本を訪れる。「オ州酒ブログ」はオレゴンのビール、ワイン、スピリッツやハードサイダーをフィーチャーし、今注目のお酒や業界関係者をブログ・SNS中で紹介している。また、オレゴン州・ポートランドのビールツアー、ワインツアー、その他の飲食ツアーを提供している。

 

Day 5 – 7月23日(火) 

ホテル発【04:45】→ポートランド空港着【05:00】

ポートランド発【07:00】→シアトル着【08:00】

シアトル発【11:00】→羽田へ 

Day 6 – 7月24日(水) 
羽田着【15:00】お疲れ様でした。 

よくある質問

1名様でのご参加も大歓迎です。お部屋をシェアされたい場合は、同じ条件の方でご希望が一致した場合、2名1室で手配いたします。しかしながら、見つからない場合は、1名様でお部屋をご利用いただくために、「1人部屋追加代金」78,000円が必要になりますので、ご了承ください。

とても過ごしやすい、むしろ日本人にとっては特に朝夕は、涼しく感じるくらい快適な気候が期待できます。夜は21時頃にやっと日が暮れるくらい日が長い夏です。ビール好きには最適な気候といえるでしょう。

アメリカではあらゆる分野において、物価の高騰が進んでおります。さらに近年の円安の影響もありますので、日本と比較して物価は高いと理解してください。例:カフェで飲むコーヒー:$4.00(約580円)、公共バスの運賃:$2.75(約400円)、レストランでの食事(ステーキ):$95+チップ=$114(約16,600円)

ポートランドは他の米国都市と比べ、比較的治安は良いです。しかしながら、時間帯、場所によってはあまり行くべきでない地域をもあり、注意喚起を促しております。時に日が暮れる時間帯にチャイナタウン周辺、各橋の近くはホームレスも多いので、行かないようにしてください。

今回のツアーは、羽田発着をベースにしております。全国各地よりツアーに参加していただくこと大歓迎です。羽田空港まではご自身にて余裕を持ってお越しください。

本ツアーでは滞在泊数の延長はできません。

本ツアーには現地での食事代は含まれておりませんので、食事代を考慮していただき、1日につき、約15,000円 x 3日間=45,000円分の米ドルを予め両替をされて持参されるのが目安になると思います。しかしながら、現地で購入されるお土産など、こちらのほうは皆様個人差があると思いますので、クレジットカードで対応されるのがよろしいかと思います。カードはVISA、マスター、AMEXがお勧めです。

アメリカではサービスにも値段が付くという考えに基づき、チップを支払うことが慣習となっています。ホテルで部屋の清掃をしてもらったときのチップは1人1~2ドルが相場となります。 荷物を運んでもらった場合は一つの荷物につき1~2ドルを支払います。 レストラン、タクシーは料金の15~20%程度が一般的です。

760㎖相当で3本までお持ち帰りできます。(免税)それ以上、日本に持ち込まれたい場合、超えた分は課税されることになりますが、税率が低いので納税額は多額ではありません。例:ワインやビールの場合、1リットルにつき、200円