2015年07月27日 ファミリー旅行

オーストラリア家族旅行

栗本様ご家族

この体験談を書いたお客様

栗本様ご家族

  • オーストラリア
  • ケアンズ

今年の夏の旅行は、オーストラリアへ。
子供たちは、初めての海外。
どこに行こうか迷いましたが、自然豊かなケアンズに。
大自然の中で、いろんなことを経験し、感じてほしいと願って☆
  
世界遺産 グレートバリアリーフ
純珊瑚礁の白砂の島「ミコマスケイ」。
世界最大級のカタマランヨットで向かいます。

この島は、野鳥保護区に指定されていて、アジサシ、カモメなど、三万羽近い海鳥が生息しています。
カモメが飛び交う中のシュノーケルでした。
 
船ではランチビュッフェや、デザート、シャンパンのサービスがあって優雅な気分♡
娘は、甲板でフルーツを好きなだけ食べるのが最高だったと言っています。
  
エスプラネード・ラグーンは海を見ながら泳げる、4ヘクタールの広さの人工プール。
砂浜もあります。

ホテルから歩いてすぐの町中にあって、無料。
 深さも80~150cmといろいろで、子供たちは遊具がなくても楽しんでいました。

ケアンズの7月は冬。
冬でも日中は暑いのですが、プールに入るにはちょっと肌寒いのですが、子供たちは寒さなんておかまいなしで泳いでいます。
 
熱気球に乗ってきました。

日本ではロープでつながれている気球しか乗ったことがありません。
オーストラリアでは風任せで進みます。
AM4:00に出発。
真っ暗闇の中、バーナーで気球を膨らまします。
炎に照らし出され、ゆらりとバルーンが立ち上がります。

少しずつ朝日が昇り、エンジン音のない静かな上空からは、野生のワラビーが見られました。

最後はみんなで気球をたたみ後片付け。
息子はこの片付けが一番面白かったと言っています。

最後は星空観察と、夜行性動物 ワラビーの観察。

日本では見られない、南半球の星空が見られます。
南十字星もバッチリ。
 
いわゆる「天の川」。日本では観測不可能なマゼラン雲も見えます。
 
とにかく素晴らしい星空☆
ちょうど新月だったので、星が月明かりで消されることもなく、最高の観察日和!
 
ガイドさんの知識の多さにも驚きました。
星について説明ができるのはもちろんですが、星の専門家ですか?というくらい詳しい。
帰りのバスでは、ギリシャ神話を交えながら、星座のお話。
聞き入ってしまいました。
 
息子の夏休みの自由研究は、南半球の星空にするそうです。
興味を持ってもらえて嬉しいです。
 
このほか世界遺産のキュランダへ行ったり、地元の子供たちとも遊んだり本当に思い出に残る夏休みになりました。