2015年12月17日 スタッフ帰国報告

台湾母娘旅行

小塚

この記事を書いた人

小塚 【パッケージ担当】

  • 家族旅行
  • 台湾
  • アジア
  • 台北
  • ランタン
  • 九份
  • 十分
  • 十分瀑布
  • 天燈上げ
  • 千と千尋の神隠し
  • 台湾茶
  • 凍頂茶梅
  • 故宮博物館
  • 小龍包
  • 東方美人茶

母とふたりで台湾へ行ってきました!
今回の目的はノスタルジックな十分・九份を訪れる&美味しいものをたくさん食べる!です。

まずは台北のMRT木柵駅から出ているローカルバスに乗って十分ビジターセンターへ。
台北のバスはしっかりとした時刻表がなく、十分行きのバスに関しては1~2時間に1本しかありません。
さらに手を上げて走って来たバスに“乗るよアピール”をしないと止まってもくれないという観光客にはちょっとハードル高めな乗り物です。

ドキドキしながら何とかバスに乗り1時間程でビジターセンターに到着。
(時刻表がない=指定時刻までバス停で停まっている必要がないので乗る人がいなければどんどん先に進んでいき早く着きます。)

ビジターセンターから15分程のお散歩で「台湾のナイアガラ?!」十分瀑布へ。
この日はあいにくのお天気でしたがそのおかげで増水した迫力満点の滝に出会えました。
水しぶきなのか雨なのかよくわかりませんがマイナスイオンをいっぱい浴びてリフレッシュ!

滝から線路の上を30分くらい歩くと十分駅に到着します。
十分は線路ギリギリのところにお土産屋さんや食堂などが軒を連ねるとってもノスタルジックで小さな街です。

名物は線路の上での天燈上げ。1時間に1本しか電車が来ないので電車が来ない時間に飛ばします。
ランタンは4面の色別に願い事が違って健康、仕事、幸福、金運など。

私は家族の健康を願うとともに、ついでに金運の黄色の面では宝くじが当たるように・・・お願いして空へ。

空高く飛んでいくランタンに願いを乗せ見送りました。

十分観光の後は、ローカル列車とタクシーに乗って九份へ。
皆さんご存知「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われるレトロな赤い提灯の街です。

所狭しと並ぶお土産屋さん街を通りすぎると長い階段がありそこからの景色が一番有名なフォトスポット。お昼もいいですが、やはり暗くなってからの時間の方ががレトロ感満載!

明るい時間に九份に到着したら茶芸館で台湾茶のお手前体験がおすすめです。
私が行った九份茶房では1杯目は店員さんが丁寧に入れ方を教えてくれました。店員さんおすすめの東方美人茶はもちろん、お茶うけの自家製烏龍茶チーズケーキやあまーい凍頂茶梅(凍頂烏龍茶に漬けた梅干し)もとても美味しかったです。

だんだんと暗くなっていく九份の街を見下ろしながら優雅で素敵な時間を過ごす事が出来ました。

台北市内にも見所も美味しいものもたくさんあります。
翡翠で出来た白菜が有名な故宮博物館や龍山寺、中世紀念堂での衛兵交代儀式などバッチリ見学してきました。
そして、ふわふわの雪片冰(冬なので苺!)や小龍包など美味しいものもたくさん頂いて来ました。

私も母も大満足の台湾旅行。
幅広い年代の方におすすめです!

 

小塚

この記事を書いた人

小塚【パッケージ担当】