2018年08月02日 スタッフ帰国報告

ロシアワールドカップ観戦

小塚

この記事を書いた人

小塚 【パッケージ担当】

  • ヨーロッパ
  • ロシア
  • ワールドカップ
  • サンクトペテルブルク
  • モスクワ
  • エルミタージュ美術館
  • ロマノフ朝
  • 赤い矢号
  • ロシア鉄道旅
  • ルジニキスタジアム
  • カランブー

サッカーワールドカップ観戦にロシアへ行ってきました!
ワールドカップの観戦は2006年のドイツ大会以来12年ぶりです。
できることなら日本代表を応援したかったのですが、日程の都合で準決勝の観戦です。

今回訪れたのは、サンクトペテルブルクとモスクワ。
サンクトペテルブルクでは観光のハイライト「エルミタージュ美術館」へ行ってきました。

世界四大美術館のひとつで310万点余りが収蔵されています。
世界各地から集められた名作はもちろん素晴らしいのですが、ロマノフ朝の皇帝たちが暮らす宮殿だった館内はとにかく豪華絢爛!

豪華な大階段から始まり、黄金に輝く調度品や美しいホールの数々は必見です。

とにかく広いので今回は急ぎ足での見学でしたが、できれば1日を掛けてじっくり巡りたい美術館でした。

夜は準決勝の1試合目ベルギーvsフランスが開催されるサンクトペテルブルクスタジアムへ。

スタジアムの中で観戦したかったのですが、移動時間の都合で試合開始前のスタジアムの外でワールドカップの雰囲気だけ体験。準決勝ともなると出場国のサポーターだけではなく私達のようにたくさんの国のサポーターが観戦に訪れます。

ベルギーサポーターからは「日本はよくやったよ!!すごくいい試合だった!」と慰められ(笑)、その後なぜかフランスサポーターの決起集会の中に入ってしまい大盛り上がり、マルセイユから来たサポーターとは一緒に「酒井宏樹」選手のチャントを歌い、両国のサポーターから勝手にフェイスペインティングをされたりと交流を楽しんできました。

その後は寝台列車にてサンクトペテルブルク⇒モスクワへ移動です。
今回乗車したのは豪華寝台列車と言われている「赤い矢号」。

ソ連時代からの歴史ある列車でレトロな雰囲気。モスクワまでは約8時間の移動です。
1等車は2名個室でソファの部分がベッドになり、あっという間にモスクワへ到着!

時間も有効に使えますし、ロシアでの夜行列車移動おすすめです。

そしていよいよモスクワのルジニキスタジアムでの準決勝観戦!!!
スタジアムの外では様々なイベントが開催されていて、コカコーラのブースでは無料のフェイスペイントや自分の写真入りのカップなども作ってくれます。

そして、なんと98年のフランスワールドカップで活躍した元フランス代表のカランブーさんに遭遇!!

写真撮影にも気軽に応じてくれてとても優しい雰囲気の方でした^ ^

ルジニキスタジアムは開幕戦や決勝戦も開催された8万5千人を収容するロシアを代表するスタジアムです。

両国の国旗がピッチに広がり、選手が入場する際の観客全員による「Seven Nation Army」の大合唱には鳥肌がたちました!

ほぼ満員のスタジアムは最初から大盛り上がり。
選手たちの華麗なプレーに一喜一憂しながら、死闘の末のクロアチアの劇的な逆転勝利でますます大興奮でした。!

まだまだ情報が少ないロシアですが、ワールドカップを機に公共交通機関などの英語表記も増え、とても観光しやすくなったと思います。
見応えのある建築物なども多いですし、食事も美味しいのでぜひ皆さんにも行っていただきたい国でした。

 

小塚

この記事を書いた人

小塚【パッケージ担当】