2018年11月13日 自由旅行/オーダーメイドの旅

住みたくなる街、バルセロナ

吉田様

この体験談を書いたお客様

吉田様

  • バルセロナ
  • ガウディ

バルセロナ、無事に行って参りました!
ガウディのツアーは、奮発したかいがあってか、ガイドさん(日本在住歴のあるスペインのかた)がしっかりと説明をしてくださって、ガウディの世界を十分楽しめました!
ガイドさんは融通を利かせてくださって、チケットの引き換えにも同行してくださったり、フラメンコも予約していただけたり、おいしいタパスのお店も教えてもらえたりしました!

【情熱的なフラメンコ】
サグラダ・ファミリアが完成したらまた行きたいですし、その時も同じガイドさんでお願いしたいです。笑

【サグラダ・ファミリア】

  海外の他の教会と違って森のような,あたたかい雰囲気のある場所でした。まだこれから倍の高さの塔が建つとのことです!

【カサ・バトリョ】住みたいです!

ホテルはバスタブがなく残念でしたが、屋上のバーからカサ・ミラがばっちり見えて、遠目にサグラダファミリアも見えました!


ベルボーイさんもフロントの方も会うたびに明るく笑顔で挨拶してくれました!待機してるタクシーをベルボーイさんが口笛で読んでたのはなかなかファンキーで面白かったです。


タパスもとにかくおいしくて(店名をわすれました…カサ・バトリョの近くで、有名なレストランの姉妹店だそうです)、パドロンフリット(青唐辛子の素揚げ)やCAVA、魚介からお肉まで、ちょうどいい量でちょこちょこ食べれてお腹にやさしい感じでした!
 
かわいいカフェやパン屋さん(マスカルポーネ入りのクロワッサンがおいしかったです)もあり、住んでたら常連客になってただろうな…とキュンキュンしました。

【かわいいカフェ(Caelum)】
 
とにかく皆さんとてもやさしくて、笑顔が印象的でした。
英語も通じるし、母がポケトーク使ったら皆さんとても笑ってくれて(ノリがとても良かったです)、お菓子屋さんではチョコレートをたくさん頂きました!
 
そして、今井翼さんおすすめのKoy shunkaは日本風の地中海料理でしたが、本当においしくて、質・量のわりにリーズナブルでした。お寿司を担当している日本人の方ににいろいろ説明していただいたのですが、ホスピタリティも抜群で、食事中、ここは日本?という感じでした!予約していただき本当にありがとうございました!
 
地下鉄もなんとか無事に乗れて、ピカソやミロ美術館までいってこれました!
ピカソ美術館の場所が分かりにくくて、アメリカ人のご夫婦とあれやこれや訪ねながら探し、到着したときに握手しました。笑
 
ダリ美術館もガイドの方が混雑している中スピーディーかつディープに説明してくださって、ダリの独特な世界観を味わいました!
 
話し始めるときりがないのですが、エネルギッシュな街で、パワーをもらって帰ってきました。
「帰りたくないなー」とスペイン語もしゃべれないのに旅の終わりが近づくたびに思っていました。笑

【カタルーニャ音楽堂】