2022年04月30日 スタッフ帰国報告

コロナ禍やって良かったフォトウェディング

JSTスタッフ

この記事を書いた人

JSTスタッフ

  • 沖縄
  • 宮古島
  • ハネムーンフォト
  • フォトウエディング沖縄
  • フォトウエディング
  • 前撮り
  • 後撮り

コロナ禍になり家族婚や二人だけの結婚式をする方など結婚式のスタイルも大きく変わりました。
その中でも結婚式の代わりとして、最近増えてきているフォトウエディング
結婚式とは異なり準備期間も短く、結婚式より安価にできるため人気が高まりつつあります。

最近ではコロナの影響もあり、海外のフォトウェディングだけでなく国内のフォトウエディングも人気です。
今回は実際の国内(沖縄・宮古島)フォトウエディングの体験談を交えて解説していきたいと思います。

フォトウエディングとは?

結婚式をする代わりに行う写真撮影。
または前撮りとして結婚式や披露宴で使う写真や動画を撮影する、後撮りとして結婚報告のための撮影をすることも可能です。
ウエディングドレスやタキシードなど結婚式の衣装を着てビーチや観光地などのスポットで写真撮影をし、素敵な写真を残すことができるのが特徴です。

◆どんな方におすすめ?

沢山のゲストを招待しての結婚式はせず、何か思い出に残るものが欲しい。
ハネムーン旅行(新婚旅行)と合わせて記念に撮影したい。
盛大に結婚式はしなくてもふたりだけの記念を残したい。

予約はいつからする?

国内の結婚式ですと希望日に人気の式場で挙式をするために1年以上前から予約をする方も多いです。
中には2年前に予約した・・・という話も聞いたことがあります。

フォトウエディングの場合は準備が少ないので空きさえあれば1ヵ月前でも予約が可能です。
ただ、人気のシーズンに撮影する場合や余裕をもって準備したい方は半年前から3か月前までには予約をすると安心かと思います。

ちなみに今回私は、半年前にフォトウエディングと旅行の予約をしました。
 今回の宮古島は3泊4日の日程で行きました。撮影日は2日目にしています。

予約の順番は・・・

①旅行日程を決める ※いつからいつまで旅行に行くか…
②フォトウエディング撮影の空きを確認 撮影日を確定させる
③旅行予約
 このような流れで決めていきます

フォトウエディングが選ばれる理由

結婚式や披露宴にはそれなりに費用もかかりますよね。
それに比べるとフォトウエディングは費用をおさえて行える場合がほとんどです。
また準備期間では
結婚式を挙げるとなると1年前、場所によってはそれ以上前から予約したり、準備をする必要があります。
そして何度も打ち合わせをする必要もあります。
フォトウエディングは早くても半年前の予約~1ヵ月前の予約など比較的手軽に準備&予約をすることが可能です!
時間をかけたくない方は特におすすめです!

フォトウエディング当日の流れ

国内のフォトウエディングで人気な渡航先は「沖縄」。
フォトウエディング撮影を旅行中に含める場合はまる1日空けておくことをおすすめします!
特に宮古島は海外に行ったかのような雰囲気でゆったりとした時間が流れているのでフォト以外の滞在にもおすすめです。
アクティブに離島に行きたい方には石垣島や沖縄もおすすめです。

例えば・・・
今回私が体験した1日撮影の場合のスケジュールはこんなかんじです。

・9:00 サロンに集合
・9:00~11:00 ヘアメイク、お着替え ※ドレスレンタルの場合はこの時間に選びます
・11:00~12:30 ビーチ撮影
・12:30~13:00 ランチを含めて撮影 
—————————————————————————————————–
・13:30~17:00 場所を変えてフォトジェニックスポットや観光地で撮影
・17:00~18:00 サロンにて休憩 ※ここでヘアセットを変更
・18:00~19:00 サンセット撮影
・19:00~19:30 お着替え
・19:30 終了

1日撮影の場合は上記の様なスケジュールですが、
基本は午前中・午後のみの撮影なので半日は空き時間になります。

ドレスはどうなる?

ドレスはレンタルドレスがプランに含まれているものが多いですが、別途レンタルをする場合もあります。
フォトウエディングの会社によっては自分で用意したドレスを持ち込むのに持込料が発生する場合もあるので事前に確認が必要です。

ドレスを機内に持ち込む場合(イメージ)

ドレスをご自身で持っていく場合は機内持ち込みをおすすめします!
※特に海外旅行の場合はロストバゲージが発生しやすいため

ドレスは折りたたんであります。
バッグをあけるとこのような形になっています。
少し切れてしまっていますが、ハンガーにドレスはかかっておりこの中にパニエも一緒に入っています(ピンク色)

気を付けておきたい撮影前日

撮影の前日で特に注意しておきたいのが食事です!油っぽい物やお酒を飲み過ぎてしまうと、浮腫みやすくなりせっかくの写真がだいなしになってしまいます。
リゾート地の沖縄へ行っても撮影前日の食事は注意が必要ですね。

沖縄・宮古島が結婚式で選ばれる理由とは?

海外でフォトウエディング撮影ってできるの?

国内で結婚式はしたけど、海外でもウエディングドレスを着てみたい・・・という方!
ハネムーンの際に旅程にハネムーンフォトを追加することもできます!
海外挙式で実際に撮影するビーチや様々なスポットで写真撮影をし、
日本にはない素敵な景色の中での撮影はきっと一生に一度の思い出になることでしょう。


JSTスタッフ

この記事を書いた人

JSTスタッフ