2014年11月10日 スタッフ帰国報告

米国カリフォルニア滞在記

山田

この記事を書いた人

山田 【パッケージ担当】

  • アメリカ
  • カリフォルニア
  • ラスベガス
  • ロサンゼルス
  • ビバリーヒルズ
  • アメリカ留学
  • ワインカントリー
  • ナパバレー
  • オーベルジュ・ド・ソレイユ
  • シリコンバレー

航空会社のマイレージを利用して、羽田から米国カリフォルニア州の玄関の一つロサンゼルスと、ワインカントリーで近年人気のナパに行ってきました。

今回、羽田からのフライトが深夜00:05発。中部国際空港21:00発の国内線に乗れば十分間に合いますので、仕事を早めに終わってからでも出発可能です。

羽田からはデルタ航空のビジネスクラスでした。機材はボーイング767-300型機。専用のラウンジで寛いだ後は優先搭乗で機内に入り座席へ。座席は全席が通路側になるように配置された“スタッガード式”のフラットベッド。

水平飛行になるとウエスティンホテルで使われてるのと同じ毛布と大小2つの枕で就寝です。本当に快適な空の旅が満喫できます。ロサンゼルス線にはハワイ線と同じ機材が使われているので、ハワイに行かれる方にも是非おすすめです。

ロサンゼルス経由でサンフランシスコ空港へ。夜22:30ごろにサンフランシスコ国際空港に到着し、レンタカーを借りて約1時間半でナパバレーに到着です。

通常は昼間に到着される事をお勧め致しますが、今回は時間が無いのでやむを得ず深夜着で頑張りました。

ナパバレーはソノマバレーと並んで有名なカリフォルニアのワインカントリーです。この地域には大小400以上のワイナリーが存在します。

サンフランシスコから日帰りで行くツアーもありますが、できればホテルに宿泊してこの地域を楽しんでほしいです。

私が宿泊したのは、ナパバレーの北にあるセントヘレナ地区のホテル、【オーベルジュ・ド・ソレイユ】です。

世界的なホテル&レストラン会員組織の“ルレ・エ・シャトー”に属した5つ星ホテルで、スパやレストラン、プール、テニスコートを完備したフランスのプロバンスにインスパイアされて建てられたエレガントなリゾートです。

部屋にはワインがプレゼントされ、アロマの効いたバスタブに浸かりながら過ごす至福の時がここでは迎えられます。

レストランは食事時になると近くのホテルから食べにくるゲストたちですぐ満席になるくらいの評判の味です。もちろん、ナパで出されるワインと一緒にいただきます。

ナパではワイントレインという列車も走っており、中で一流の料理とワインが提供されるのでお勧めです。極上のスパで体を癒すのもいいと思います。

また、近くにミシュランの3つ星を何年も連続で取っている“フレンチランドリー”というレストランもあります。全米一予約が取りにくい店とも言われ、ここは最高の料理とサービスを提供する全米でも有数の場所です。

予約は2ヶ月前からで昼は金・土・日のみ。夜は月~日で1コースのみ一人$270(今現在)です。チップも含まれています。

ナパから車で約2時間南へ走ると、サンノゼ市があります。言わずと知れた“シリコンバレー”です。
Apple, Facebook, Googleなど、世界に名だたる会社の本拠地がここにあります。見学ツアーも行っていますので、学校の研修旅行にもお勧めです。

ロサンゼルスでは、留学時代から30年来コンタクトを取ってきた友人たちの家を数軒泊まり歩いてきました。

ロサンゼルス空港から南へ約30分のレドンドビーチやハリウッド、ビバリーヒルズ、オレンジカウンティーなどをレンタカーで走り回りました。

ロサンゼルス、通称“LA”は私にとって旅行業のキャリアをスタートさせるきっかけになった街。初めての海外で足を踏み入れた街。海外生活を初めて送った街でもある特別な思いがある場所です。

私はここから車で東へ約2時間の街、Riverside(リバーサイド)にあるカリフォルニア州立大学リバーサイド校(University of California,Riverside)の英語学校に通っていました。

アメリカの広大なキャンパス。充実した施設。世界中から来る人たちとの交流。毎週、学校の寮で行われるイベントなどは今でも色褪せない忘れられない思い出になっています。留学して本当に良かったと思える今回の旅でした。

おまけで、最後にラスベガスにも行ってきましたが、ラスベガスはイベントが目白押しで今回は車の“Sema show”でした。

改造した車やエンジン、アトラクション、など米国のショーならではの雰囲気です。

ラスベガスのショーへの参加手配や航空券、ホテルの手配も可能ですのでお任せ下さい。

山田

この記事を書いた人

山田【パッケージ担当】