2015年09月01日 スタッフ帰国報告

韓国ソウルと世界遺産歴史地区

山田

この記事を書いた人

山田 【パッケージ担当】

  • アジア
  • 世界遺産
  • 韓国
  • ソウル
  • 百済
  • BMWドライビングセンター
  • Grevin
  • コリアハウス
  • 公州
  • 扶余

8月28日から2泊3日で、ソウルと百済に行ってきました。
韓国はMERSの影響で旅行者が減少傾向でしたが、すっかり変わって今回は飛行機も満席でした。今では影響はなくなったと言えるでしょう。

ソウルの仁川空港は空港島にありますが、同じ島の敷地に面白いアトラクションが楽しめる場所がこの度オープンしました。
それは車好きには見逃せないBMWドライビングセンターです。

希望者には有料で、プロドライバー運転の最新のBMWスポーツモデルのM3,M5といったサーキットを走るために作られた市販車に同乗して、サーキット走行を楽しめます。

ソウルの明洞には新しく「Grevin」というロウ人形館がオープンしました。
韓国出身の有名人や世界的な著名人のそっくりさん(顔も姿も)が展示されていますが、皮膚などはまるで本物そっくりです。新たな明洞のトレンドになることと思います。

夜は、ソウル中心部のコリアハウスで伝統料理に舌鼓。またその会場では、2018年平昌冬季オリンピックのプレゼンがありました。

オリンピックを盛り上げるだけじゃなくスキーリゾートとしての存在価値を示す絶好の舞台ですが、素晴らしい雪質と設備に感心しました。

ソウルから車で南へ走ること約2時間。公州と扶余に行ってきました。

日本人にはあまり馴染みのない場所ですが、世界遺産にも選定された歴史的地区です。古墳群や城、国立博物館などがたくさんあり、考古学に興味のある方々にはお勧めの訪問先です。

このように韓国はソウルと釜山や済州以外にも、まだ知られていない素晴らしい場所があります。

ソウルではショッピングやエステやグルメを楽しみ、近郊では歴史を感じる旅をするのもいいでしょう。

韓国の旅は家族旅行にもお勧めです。ほんの1時間半のフライトで海外旅行体験ができてしまいます。
ソウルの街は地下鉄があり散策にも便利で、食も楽しく、「Grevin」などに行けばアトラクションも楽しめます。

今が行きドキ!の韓国です。

 

山田

この記事を書いた人

山田【パッケージ担当】