2016年09月29日 スタッフ帰国報告

ソウル国際トラベルマート2016

鳶田

この記事を書いた人

鳶田 【パッケージ担当】

  • 男旅
  • アジア
  • 韓国
  • ソウル
  • 明洞
  • トラベルマート
  • グランド・ヒルトン・ソウル
  • ロワジールホテル明洞
  • サボイホテル
  • ゴールデンチューリップ
  • ビビンバ
  • 参鶏湯
  • 明洞餃子
  • カルグクス

シルバーウィーク真っ盛りの9/19~23にかけて、ソウルで行われている世界的なトラベルフェアの『ソウル国際トラベルマート2016(SITM)』に出席しました。

トラベルマートとは世界各地のエージェントが一同にソウルへ集まり、韓国国内の旅行会社やホテル、エンターテインメント会社と商談を行って韓国の販促強化を行う機会です。

場所はグランド・ヒルトン・ソウルに隣接するコンベンションセンターにて。ソウルの中心地“明洞(ミョンドン)”からは北に位置します。
賑やかな明洞に比べると非常に閑静な地域にあり、ホテルの滞在を重視される方には良いかと思います。

また、ソウルに訪れるのは7年ぶりだったので4日目は明洞にホテルを移動して明洞周辺散策へ。

7年の間に多くのホテルが建っていたこともあり、散策ついでにホテルの位置関係や雰囲気を調査してきました!

印象的だったのは以下の3ホテル。

ロワジールホテル明洞

ショッピングセンター『ミリオレ』の上にあるホテル。明洞駅前で非常に立地良く、下層階がショッピングセンターなので買い物も便利。

サボイホテル

明洞のド中心地にあり、ホテルから出れば目の前がメインロード。

ゴールデンチューリップ

場所はソウル銀行裏にあるため明洞までは徒歩5分程ですが、道を挟むと新世界百貨店及び南大門市場が広がるのでどちらに行くにも便利。部屋の内装やバスタブが木彫で居心地が良く、日本人の好みにはぴったりのホテルです。

改めて思ったことは、やはり買い物をする近くにホテルがあると何かと便利です。
ちょっと買い物や食事に出ては荷物を置いて休憩し、また出かけるという繰り返しが出来るので、ホテルの場所の重要性について身をもって感じました。

また、韓国の楽しみは食にもあります!ビビンバ、プルコギ、キムチ、サムギョプサル、冷麺、参鶏湯、キンパプ、チヂミ、チャプチェ、タッカルビ、プデチゲ、トッポッキ・・・上げればキリないですが、とにかく美味しいものが多い。

今回の滞在では冷麺やビビンバ、チメク(チキンとビール)、カルビクッパ、そして“明洞餃子”にてカルグクスを食べてきました!

男1人でも18,000ウォン(約2,000円)にて名物餃子とカルグクスのセットでおなかいっぱいになります。

買い物と食事は男女問わず楽しむことが出来ますし、何と言っても2時間で行ける手軽さと安さは他の旅行先には無いソウルの魅力でもあると思います。

たかがソウル、されどソウル。行ってみると意外な魅力が見つかるかもしれませんよ!?

鳶田

この記事を書いた人

鳶田【パッケージ担当】