2021年09月11日 スタッフブログ

知っていると役立つ!海外挙式【準備編】

海外挙式担当

この記事を書いた人

海外挙式担当

  • ハネムーン
  • ハネムーンフォト
  • ハワイ挙式
  • 沖縄挙式
  • 海外挙式

今回は海外挙式の準備でよくある質問をまとめてみました!

【ドレスはどうやって選べばいいの?】

ヨーロッパや一部のリゾートを除き多くの式場では、日本であらかじめ試着して衣裳を決定しておけば、同じ衣裳を現地でレンタルできるシステムを採用しているので、安心してご出発いただける流れになっています。

気に入った衣裳がそのドレスサロンで見つからない場合は、違うドレスサロンで決めた衣裳を日本からご持参していただくことも可能です。

その場合、式場にもよりますが衣裳のお持込料がかかり、平均でドレス3万円、タキシード1万円になります。

【挙式後のパーティーは必ずするべき?】

重要なポイントは、新婦様がドレス姿でゆっくりする時間が欲しいかどうかです。

挙式後お食事会があれば、お気に入りのドレスを着たままゆったりとした時間が過ごせます。

海外挙式ならではの選択としては、かしこまったパーティーではなくカジュアルな雰囲気で、価格的にもリーズナブルなレストランを選んでお食事会を企画することもできます。

【リハーサルメイクはするべき?】

結婚式当日を安心して迎えるためにリハーサルメイクはお勧めです。 

リハーサルではリラックスして希望を伝えながら進めることができ、ほとんどの場合本番と同じ美容師さんが担当してくれますので仕上がりの満足度が違ってきます。

ただし現地到着後に行うため、リハーサルメイクのための時間(約1時間半)をとっていただくことになりますので、旅行プランを組む際にはご注意下さい。

【現地メイクさんの付添はつけたほうがいいの?】

通常は挙式準備が完了するとヘアメイクさんのお仕事は終わりですが、挙式の前後にもヘアメイクさんの付添いサービスをつけることができます!

挙式後パーティの際にティアラから生花のヘッドピースにチェンジしたいと考えていたり、挙式前にビーチフォト撮影が入る場合には嬉しいサービスです。

パーティやフォトプランのご希望にもよりますが、安心して最高の時間を過ごし、思い出のシーンを写真に残すためには付添いサービスをつけられることをお勧めします。

【フォトツアーはどんなところで撮影してくれるの?】

一番人気はビーチフォトになります。

挙式前後に撮影しますが、中にはロマンティックな「サンセットタイムのビーチフォト」や「街中でのタウンフォト」など様々なシーンで撮影してくれます。

さらにヨーロッパでは有数の観光名所の数々(フィレンツェの街・ローマのコロッセオ・パリのエッフェル塔など)をバッグに写真撮影ができます。

【参列編】なども今後ご案内していきたいと思います!

海外挙式担当

この記事を書いた人

海外挙式担当