2014年02月21日 スタッフ帰国報告

ハワイ挙式参列&離島視察

山田

この記事を書いた人

山田 【ハワイ担当】

  • ハワイ島
  • 海外挙式
  • ハワイ
  • ワイキキサンセット
  • マウイ島
  • キラウエア
  • ハワイ挙式
  • パハラ
  • セントカタリナシーサイドチャペル
  • パイオニアイン

2月12日から5泊7日でオアフ島3泊、ハワイ島&マウイ島各1泊の出張に行ってきました。 オアフ島訪問の目的は、ハワイ挙式への参列とパーティーの司会です。

今回で4回目となるお客様のハワイ挙式の参列&添乗。新婦が19歳の時、私が留学セクション担当としてカナダ、バンクーバーに1ヶ月の留学を手配した事がきっかけで仲良くなり、それ以来ずっと彼女の旅行をアレンジしてきました。その後2回目のカナダ留学で約6ヶ月間英語力を磨き、目標であるエアラインに就職しました。

当初は外資系のエアラインのためシンガポール在住で約2年間一生懸命仕事に励み、キャリアを積み重ねながらANAのCAとなり、今では国際線に乗務するまでになったのです。

そんな彼女が長年温めてきた新郎との関係を結実するべく、ハワイで挙式する事になりました。2月14日午前10時30分、ご家族、ご友人など総勢22名の方々が、オアフ島「セントカタリナシーサイドチャペル」に集まりました。

「セントカタリナシーサイドチャペル」はオアフ島東、ワイキキから風向明媚な景色を眺めつつハイウェイを走って約30分、シーライフパークに隣接したオアフ島ベストビーチの一つ、“マカプウビーチ”を望むように佇んでいます。
教会の中から海が見え、バージンロードはその海を表すブルー。ウエディングソングが聞こえ、新婦がお父様とバージンロードを歩き始めます。

挙式の後は、披露パーティーです。パーティー会場は教会に隣接しているので、ウエディングドレスを少しでも長く着ていられます。

挙式の晴れやかな雰囲気がそのまま感じられ、おいしい料理とコラボして大変盛り上がった素晴らしいパーティになりました。

今回パーティーの司会をさせていただき、19歳だったお客様がこんなに素晴らしい新郎との素敵な結婚式を迎えることができ、大変幸せな気分で感動しました。


以前から自分の小さな願望として、担当した留学生の挙式をアレンジして、しかもハワイでできたら…と思っていたのです。「あきらめなければ思いはいつか叶う!」 ということを実感した瞬間でした。

夜は新郎新婦が宿泊する「ワイキキサンセット32階1ベッドルームスイートオーシャンビュー」の部屋で2次会の始まりです。新婦の大学時代の友人、職場の同僚が集まりました。差し入れにレナーズのマラサダを持って行き、楽しいひと時を過ごしました。

ワイキキサンセットは部屋も広く、こうして部屋に友達を呼んでくつろぐことができ、何と言っても眺めが良いので最高!です。
私も自身のハワイ挙式の時にワイキキサンセットを利用したのですが、同じく部屋にみんなを呼んで騒いだ事を思い出しました。

ハワイ挙式は新郎新婦も喜び、かつ参列のご家族、ご友人も喜び、ハワイを心から楽しめます。これがハワイ挙式の良さです。これからもこうしたハワイ挙式のアレンジと添乗及びパーティーの司会をやっていきたいと思いました。

その後、離島への視察へ出発しました。ハワイ島ではコナ空港からレンタカーを借り、約2時間半かけてパハラの街へ。パハラは“カウコーヒー”で有名なカウ地区の中にある小さな街で、ピースフルでのどかな場所です。

ここに「ハワイアン8カフェ村」と名付けられた素敵なコテージがいくつかあるのです。

オーナーは山崎さんという素敵な日本人で、言葉が不安な方でも安心です。

コテージにはプランテーション農園にあるような素敵なリビングがあり、ハワイでも高級なコアの木をふんだんに使った内装は落ち着きます。

ここではフラの合宿やメリーモナーク時の宿泊(ヒロまで約1時間)、子どもの英語合宿などがオススメです。近所の方々は皆、大変フレンドリーですぐなじめます。近くにカウコーヒーのミル(工場)があるのでコーヒー好きな方にもたまらない場所です。

海も近く、ブラックサンドビーチで有名なプナルウ海岸まで車で約15分です。またハワイ唯一のユネスコ世界自然遺産のボルケーノ国立公園キラウエアまで約30分です。素晴らしい環境ではないでしょうか?

ワイキキとは違った緩やかな空気が流れる中で過ごすハワイ島パハラの滞在は、ハワイの違った魅力を感じる事ができる場所です。

ヒロでは今後のハワイツアーのためにB&Bに宿泊してみました。
B&BとはBED&BREACKFASTの意味で、朝食付きのペンションとでも言えます。

宿泊した「THE SHIPMAN HOUSE」はオーナーのおばあさまが購入したものを、昔の雰囲気そのままに内装を作り替えたそうです。1日3組しか泊まれないこのB&Bは、オーナーと会話しながら静かにヒロの街を過ごしたい方に大変オススメしたい隠れ家です。

最終日にはハワイ島からマウイ島に飛びました。ヒロ空港からマウイ島のカフルイ空港まで1日2便の直行便が飛んでいます。常に満席のようです。マウイでは島の南側にあるリゾート、“ワイレアリゾート”にあるホテルを視察。

2013年9月にオープンしたばかりの「アンダーズマウイアットワイレア」はこれからのマウイ島旅行では大人気になる予感です。モダンな外観といくつかあるインフィニティプールは、今までのリゾートホテルとは違った雰囲気です。


マウイ島の北西に“カパルア”があります。リゾートの中にはリッツカールトン、カパルアヴィラ(コンドミニアム)、レジデンス(会員制高級マンション)、別荘、ゴルフコース2つ、ゴルフアカデミースクールなどがあり、ハワイを代表するリゾートになっています。ゴルフだけでなくファミリーでも楽しめるリゾートです。

特にカパルアヴィラは専用のプライベートプールやBBQ施設もあり、リゾートの総合点数としてはハワイの中でも一番ではないでしょうか。マウイでコンドミニアムを探している方は是非カパルアに行ってみて下さい。その雰囲気を体験したら必ずリピーターになると思います。


マウイで宿泊したのは、古都ラハイナにある「パイオニアイン」というホテル。1901年創業のマウイ最古であり、歴史的建造物に指定された素敵なホテルです。何と言っても、ラハイナの中にあるので歩いてショッピングしたりレストランを探せます。

ラハイナは以前、ハワイの首都でした。捕鯨で栄えた街ですが、今ではたくさんの観光客を受け入れる全米でも屈指の街です。ノスタルジックな雰囲気があり、マウイ島に行くなら是非訪れてほしい場所です。

このようにハワイは島が違うとその雰囲気が全く変わります。国が違うくらい自然もホテルも街並みも変わります。本当のハワイを感じて楽しむには、ワイキキのあるオアフ島ともう一つ離島に訪れるのがいいと思います。
ハワイのいくつかの離島を巡る旅も楽しくオススメです。

 

山田

この記事を書いた人

山田【ハワイ担当】