2014年09月22日 スタッフ帰国報告

ニュージーランド視察

山田

この記事を書いた人

山田 【パッケージ担当】

  • ニュージーランド
  • クライストチャーチ
  • 南島
  • ワナカ
  • オセアニア
  • テカポ湖
  • マウントジョン天文台
  • マウントクック国立公園
  • ハーミテージ
  • クイーンズタウン
  • ミルフォードサウンド
  • セントラルオタゴ地方

ニュージーランド旅行でもっと魅力的なオンリーワンのツアーを作れないだろうか?学校研修ツアーでも独自のアイデアを提案できないだろうか?といった課題を持ちながら、9月10日から1週間ニュージーランド南島に行ってきました。

南島の玄関、クライストチャーチ空港から入り、陸路でテカポ湖、マウントクック国立公園、ワナカ、ウエストランド国立公園、フィヨルドランド国立公園などを周るいわゆるニュージーランドの“ゴールデンルート”と呼ばれる廻り方です。

クライストチャーチへのフライトは、中部国際空港からシンガポール航空のシンガポール経由便が毎日就航しています。シンガポール航空は、毎年エアラインランキングのベスト3に入る人気のエアラインです。

まず最初に向かったのがテカポ湖。美しい湖と周りのアルプスとのマッチングは“絵”になる場所です。

ここには、世界有数の星空観測ができる有名な“マウントジョン天文台”があります。南十字星などを観測できるので天体観測にはお勧めです。北半球の日本では見られない星空があります。

滞在は、そこから車で約1時間45分のマウントクック国立公園内にあるホテル「ハーミテージ」。言わずと知れた、この国立公園のアイコン的ホテルです。日本人スタッフも常駐しており、毎日催行されるハイキングは初級〜上級レベルに合わせて催行されています。

フッカー谷への往復4時間のハイキングでは、眼前に忽然と現れるマウントクックに圧倒されます。思わずカメラのシャッターを切り続けました。

ホテルの横にプラネタリウムも併設されているので、夜もゆっくり楽しめます。

次の日向かったのは、ワナカ。南北に細長いワナカ湖に面し湖畔に沿って栄えたリゾートタウンです。夏は湖から船でクルーズしながら湖内にある島“Mou Waho(モウワホ)“にハイキングしたり、4WDで探検したり、釣りをしたりします。冬はトレブルコーンなどのスキー場のベース地として賑わいます。

魅力的な自然に囲まれた環境から、近年は風光明媚なリゾートとして注目されています。
近くにある“パズリングワールド”は、イルージョンの世界や迷路などカップルからファミリー、特に大学生が楽しめる面白い場所です。

ワナカの翌日は、朝5:45出発で南島の拠点とされるクイーンズタウンに向かいました。そこからバスを乗り換え、また約5時間で南島最大の人気スポットかつニュージーランド最大の面積を持つフィヨルドランド国立公園に到着です。

ミルフォードサウンドで有名な国立公園ですが、近くのマウントアスパイアリング国立公園、ウエストランド国立公園、マウントクック国立公園と一緒にユネスコの世界自然遺産に登録されています。

太古より変わらない美しい大自然を今も残す世界でも貴重なエリアです。
ミルフォードサウンドへ行く途中の景観も素晴らしいので、バスの中は寝ずに過ごす事をお勧めしたいです。

晴天率が20〜30%と言われるので、クルーズの日が晴れるかどうかは天に任せるしかありません。しかし、雨が降っても山肌にできる自然の滝が海に流れ落ちる景観は見事です。

私がクルーズに参加した日は、前日の大雨が嘘のように上がり、最高の天気になりました。ゆっくりと船がフィヨルドを動き出すと、左右に現れる山肌や流れ落ちる滝、岩で休んでいるオットセイなど、フィヨルドクルーズの醍醐味を感じることができます。本当に美しいこの景観は必見です。

また、クイーンズタウンへ戻る際はバスではなく、セスナで遊覧飛行をしながら戻るコースを特にお勧めしたいです。海と空から見える世界遺産はここくらいしかないと思います。

アルプスの山々の猛々しい姿、氷河を冠って空と美しいコラボレーションを作る景色は一生の思い出です。

クイーンズタウンはバンジージャンプ発祥の地だけあって豊富なアクティビティがそろっています。ジェットボートのクルーズ、ハイキング、釣り、4WDツアー、また最近はワイナリーも多く世界最南端のセントラルオタゴ地方のワインをテイスティングするのが人気です。

最終日のクライストチャーチは3年半前の震災から復興しようとしています。街の中心を流れるエイボン川でのパウンティングは是非お勧めです。のどかな雰囲気の中、川をゆったりと進む船で過ごす30分は旅情をかき立てられます。

9月のクライストチャーチはサクラの時期で、姉妹都市の倉敷市から贈呈されたサクラが公園の道路沿いに満開でした。よくニュージーランド旅行は1〜3月がハイシーズンと言われますが、観光局の方々によると今もお勧めなシーズンとのことです。

このように、ニュージーランドは太古から残る大自然の美しい景観を堪能し、ハイキングやバンジージャンプ、クルーズなどたくさんのアクティビティを満喫しながら、8〜10日かけて廻るのがお勧めの行程です。

治安の良さ、人の暖かさ、整理整頓された街並み、そして美しい大自然は、学校の研修ツアーや留学にもぜひお勧めしたいです。

 

山田

この記事を書いた人

山田【パッケージ担当】